用情報というのは、クレジットカードやローンなどの支払がちゃんと行われているのかという記録です。

主に次の3つの信用情報機関でクレジットカード会社や銀行、ローン会社がその人の信用虛擬銀行好處することができますが、「本人」も情報開示することができます。

1.株式会社シー・アイ・シー(CIC)
信販(クレジット)会社全般・携帯電話会社・大手の消費者金融(サラ金)の借入利用情報

2.全国銀行個人信用情報センター(KSC)
銀行・信用金庫等の借入利用情報

3.株式会社日本信用情報機構(JICC)
消費者金融(サラ金)全般・一部の信販(クレジット)会社の借入利用情報

しかし、「本人が開示すると照会の記録が残って不利になるのではないか?」という疑問を持つ方は多いかと思います。

というわけで、 直前に情報開示して、クレジットカードを申し込みましたが、影響はありませんでした。

順を追って、今回の体験を書くことにします。