2014年05月

14
6歳になる年、保育園に通う事になります。
保育園で、いきなり年長組で入った私は、なかなか友達が出来ませんでした。
ましてや、外で遊ぶ事を制限させられて育った私は同い年の子と仲良く遊ぶすべを知りません 香港如新集團
友達をつくる事が出来ないまま、何日か過ぎます。

それを見兼ねたのか、ひとりの女の子が、話しかけてきました。
“うん”とか“いや”とか相槌しか打たない私にイライラしたのでしょう。
言葉も荒く執拗にちょっかいを出してくるようになります。
その時までの私は、兄弟と男のいとこ達としか遊んだ事が無かったのでした。
彼らと違う女の子に対する接し方が分らなかったのです。

気がつけば、私の周りは女の子だらけになっていました。
女の子ばかりと遊んでいる私に、クラスで番格の男の子がよくイチャモンをつけてくるようになります。

結局、その子と取っ組み合いのケンカをしてしまいました nu skin 香港
私の倍くらいの体重のある子です。
「君じゃ勝てないよ。謝ってゆるしてもらった方がいいよ。」
他の男の子達が気遣って話しかけてきました。

負けること前提の話に私は、余計に闘争心が目覚めてしまいます。
誰も止める者はいません。
結局、私は負けてしまいました。

初めてのケンカで負けてしまった私は悔し泣きをしてしまいます。
うずくまっている私が怪我でもしたのではと思ったのでしょうか。
女の子達が私に肩を貸し、先生のところまで連れて行ったのでした。
「女に助けてもらっているよ。」
あざ笑う声が聞こえます。

「男の子のくせに、それくらいの痛み我慢しなさい。」
先生に叱咤されてしまいました。

私は、痛くて泣いているのではないのに。

その後、その子に気に入られたのか、仲良くなっていきます。
すると自然に、女の子達とは遊ばなくなっていくのでした 如新nuskin產品

次回は、保育園の帰り道のこと、学校の隣の席の娘のことです。

31
情感を表現するには、短歌で十分なのではないか。さらに凝縮された短い言葉で表現するには、俳句というものがある。どちらも洗練された言葉の美しさやリズムがある。省略された言葉の背後にあるものを、想像する歓びも喚起される 脫毛 大腿
言葉の表現法として、ひとつの世界をより広く深く構築していくには、小説が最適かもしれない。その世界を共有することによって、読むことの楽しさを満喫させてくれる。
もちろん、どのジャンルにもさまざまな形態はあるだろう。
そんな中で、詩の領域はどこにあるのだろうか。言葉に拘るということだろうか。言葉のもつ未知の働きを探求することだろうか。短いということだろうか。行分けされているということだろうか。感動を表現するということだろうか。

ぼくが日常接している詩は、主にネットにアップされているものなので、誰もが気安く投稿できるという、ネット詩としての特質もあるかもしれない辦公室文具
日記のようなものや個人的な独白のようなもの、やたら読解不能な難しい言葉で綴られたもの、記号のようなもの、警句にもなっていないただ短いだけのもの、などなど種々雑多。
それらこそが詩の領分だと言われれば、実験的であるといった意味でそうかもしれない。だが少なくとも、そこに新しいものを体験する歓びや感動がなかったら、詩を読んだり書いたりする意義はどこにあるのだろうか。

短歌や俳句には、いちおう韻律の約束事がある。一方、詩と小説には何らの制約はない。自由である。だから詩と小説の区別は曖昧だともいえる。詩よりも詩的な小説があったりするし、短編小説のような詩があったりする。それはそれでいいのかもしれない。
だが詩というものが曖昧なままでいるうちに、詩は小説の領域に侵食されてしまうかもしれない。
かといって詩の領域に固執すると、詩はやたらと難解なものになってしまいそうだし、安易に流通言語で書かれた詩は通俗だと批判される正能量

季節にさきがけて咲く、蝋梅の花は明快である。
色合いは明るく、香りは懐かしい。香りは目には見えないが、見えない心の色に触れてくるものがある。
記憶の風に、ふと立ちのぼってくる香り。
単なる感傷や慰めではなく、虚飾もなく、短くても易しい言葉で感動を与えられる。そんな言葉の結晶をさがしつづけたいと思う。  

↑このページのトップヘ