2015年06月

17-150415150047
10代の頃から十数年間
裏社会で生きてきた過去・・・
獄中生活も経験しながらも
平成19年10月・・・
暴力団社会から脱会して一般人へと戻る事になる耳鳴治療

しかしながら
ヤクザ癖が抜けきれず
少しの間大阪で愚連隊生活をしていた・・
何処にも属さない不良グループ・・
大阪で有名な愚10代の頃から十数年間
裏社会で生きてきた過去・・・
獄中生活も経験しながらも
平成19年10月・・・
暴力団社会から脱会して一般人へと戻る事になる母乳餵哺

しかしながら
ヤクザ癖が抜けきれず
少しの間大阪で愚連隊生活をしていた・・
何処にも属さない不良グループ・・
大阪で有名な愚連隊の方と出会い
俺は一緒に行動する事になった・・・

若い頃から愚連隊として
千日前や難波を拠点にして生きて来たと聞いた。
当時の年齢は既に50才手前・・
Sさんは1人愚連隊として生き残ってた伝説の方だった・・
そんなSさんとの出会いが俺の運命も変えた歐亞美創醫學集團

そんな俺の自慢出来ない過去の生き様・・
今だから書ける俺の過去の生き様‼
暴力団時代から愚連隊時代・・
俺が生きて来た裏社会・・

俺時々愚連隊ブルース
連載コラム・エッセイとして更新して行きます。
俺は一緒に行動する事になった・・・

若い頃から愚連隊として
千日前や難波を拠点にして生きて来たと聞いた。
当時の年齢は既に50才手前・・
Sさんは1人愚連隊として生き残ってた伝説の方だった・・
そんなSさんとの出会いが俺の運命も変えた!

そんな俺の自慢出来ない過去の生き様・・
今だから書ける俺の過去の生き様‼
暴力団時代から愚連隊時代・・
俺が生きて来た裏社会・・

俺時々愚連隊ブルース
連載コラム・エッセイとして更新して行きます。

2
それからひと月あまりが何事もなく過ぎたその日、院長不在のため、担《かつ》ぎ込まれた妊婦の診察をわたしが担当したが、
「まずいな、もう生まれかかっているぞ」
 婦長に向か香港機票網って、
「急いで院長を呼び戻してください」
「行き先がわからないからできないわ。溝口先生がやってください」
「経験がないのはわかっているでしょう、猫寺婦長」
「わたしはあります」
 婦長は落ち着き払っていた 。
「どうせ借り腹ですからね、これは……。すぐにすみますわ」
 実際、出産は簡単だった。生まれてきたモノの足を掴《つか》んで逆さ吊りにした両手を、片手に持ちかえた猫寺婦長は、あいた手でそのモノの尻をペンペンと叩くと、
「どう、かわいいもんでしょう」
 そのモノは、わたしを見て酒店式月租にゅうと笑った。
「さあ、カルテに記録して」
 婦長がうながす。
 半ば気も動転、戸惑っていると、
「わたしが言うわ。典型的〈異種|受胎《じゅたい》〉——いいわね」
(そんな用語は医学事典にはない)
 と、呟《つぶや》きながら、独語でも英語でもなく、とりあえず漢字で書いておく。
 それから、体重やら身長やら体液型性別の判定などなどいろいろ手伝わされ、ようやく終わった。
 出産の終わった女は、いっときの休憩後、けろっとした顔で、
「あたしの腫瘍《しゅよう》は悪性ではなかったんですね」
 と、帰りしな婦長と話していた。
 もっとも、彼女自身は、妊娠したという自覚がまったくないらしい。
 婦長も婦長だ、
「ええ、そうよ、麻利亜湯の奥さん。奥さんの腫瘍はいつもと同じものよ。きれいに摘出したわ」
 わたしは、彼女のカルテを見直してびっくりした。すでに何度も〈異種受胎〉をしているのである。
 彼女を見送ってから、
「天使を受胎するなんて信じられません。医学の常識から完全に逸脱しております」
「当然よ、ここは非常識の世界ですもの」
 けろりとした顔で応じ、
「麻利亜湯は知っているわね」
「ええ。となりですね」
「高い煙突があるでしょう」
「あります」
「煙を出しているでしょう」
「ええ」
「ほんとうの母親はあの煙よ」
「えッ!?」
「あれがマリア様よ。〈原型樹木〉〈蒸気機関〉〈雌の縊死体〉〈処女〉とも呼ばれる〈花嫁〉よ」
 衝撃<中六數學が走った。


一瞬とは、どれほどの一時(いっとき)だったのだろうか? わたしにはとても長い時間に感
じられたが。
 時が止まっているかのようだった。時間も空間も超越した異次元に、二人だけでワープした
かのように思えた。
 とても印象的 Toshiba冷氣な見つめ方だった。次の瞬間、時間が動き出し、彼はマジックを持つ右手を
せっせと動かし、ボードに文字を書き連ね、朝礼を始めた。わたしもすぐに歩き出し仕事に取
り掛かった。
(本当は、現実には、ほんの一瞬のことだったのかしら? )
 わからない。しかし周囲の誰も気づかなかった。

 6月9日、朝礼に向かう彼を廊下で呼び止めた。「Tさん」と、初めて名前を牛熊證風險呼んだ。社員が
彼の名を呼ぶのを聞いて、それで彼の名前を知った。英語の得意な彼に、わたしは尋ねたい
ことがあった。
 彼はきっと承諾してくれる。心のどこかでそう思った。わたしには何故か確信があった。
「あの、今日は迪士尼美語 好唔好、日中、お忙しいですか? 」
 彼は振り返ると、わたしの顔を見て
「ぼく、今日は会議があるんです」
「あっ……」
 だめだという返事だ。わたしは言葉が詰まった。心のどこかで、彼は承諾してくれる、そう確
信していたからだ。もう一度彼の顔を見た。
(つづく)

↑このページのトップヘ